お問い合せ
ニュース
2023.09.01

チャレナジー、災害時に設置・移動が容易な風力発電を開発

2023年9月1日

~東京ベイエリアの海の森競技場に「置き基礎」型実証機を初設置~


株式会社チャレナジー(本社:東京都墨⽥区、代表取締役:清⽔敦史、以下 当社)は、災害時に必要な場所で使える非常用電源として、可動式の風力発電機を開発したことをお知らせいたします。当社は、東京都のベイエリアを舞台に、50年、100年先を見据えた未来のまちづくりを構想する「東京ベイeSGプロジェクト」注1)の令和4年度先行プロジェクトに採択されています。本風車は、先行プロジェクトの実施事業として、移動・設置の容易な「置き基礎」を使った風力発電機を開発いたしました。2023年9月より東京ベイエリアの海の森水上競技場(陸上部)に初の実証機が設置されます。

■開発背景

近年、毎年のように全国各地で自然災害が頻発し、甚大な被害が発生しているなかで、再エネは脱炭素の目的に加えて、「災害時でも使える非常用電源」として注目が高まっています。しかし、これまでの風力発電機はコンクリート基礎や杭基礎が使われることから一度設置したら動かせず、災害時にすぐアクセスして使える非常用電源としては利用しづらい状況でした。チャレナジーは、少ない工数で組立、輸送、設置が容易な風力発電機の「置き基礎」を開発することで、必要に応じ柔軟に移動させることができる風力発電を実現しました。また、置き基礎を活用することで、脆弱な地盤でもすぐに設置できるなど、場所を選ばず利用可能な風力発電機が期待されます。 

実証を通して、置き基礎の施工性や風力発電機の性能の検証を目的としたデータ取得を進め、ベイエリアや離島、アクセスの悪い中山間地域、避難施設、期間限定のイベント等で導入しやすい風力発電の実現を目指します。  

注1)東京ベイプロジェクトについて詳しくはこちら:https://www.tokyobayesg.metro.tokyo.lg.jp/ 
2023年9月1日に、東京ベイeSGプロジェクトのウェブサイトにも、「進捗状況【令和4年度採択プロジェクト】」として掲載されました:https://www.tokyobayesg.metro.tokyo.lg.jp/priorityprojects/r4project_challenergy_20230901.pdf

仕様・スペック

この置き基礎を使った風力発電機は、「サボニウス型」という方式を採用し、垂直に伸びた板状の風車が回転して発電する構造です。風速が毎秒3メートルから発電でき、14.5メートル以上になると回転を止めて風を受け流すことで、従来のプロペラ風車で課題とされている強風時の暴走や破損を回避できます。この独自の形状注2)により、発電性能と耐久性を両立しています。 また風車部に雪が付着しにくい特殊塗装を施すことで、冬季は太陽光発電の利用が難しい寒冷地での利用も検討できます。 

注2) 特許出願中 

実証機の仕様 ※海の森競技場には実証機2セットを並べて設置します。

構造物について 
・サイズ:約3m(縦) x 約3m(横) x 約5m(高さ) 
・質量:約5t 

定格出力について 
・風力発電 100W 
・太陽光発電 128W 

※実証機にはLEDによる夜間照明を設置しています。 

■株式会社チャレナジー 会社概要 

2011年の福島の原発事故をきっかけに日本のエネルギー問題に着目し、世界的にも気象環境の厳しい日本に適した風力発電を普及させるべく、次世代の風力発電機の開発を行っています。チャレナジーは”風力発電にイノベーションを起こし、全人類に安心安全なエネルギーを供給する”をミッションに掲げ、事業に取り組んでいます。 

https://challenergy.com 

一覧へ戻る