風力で世界初!TCFDサポーター登録とコンソーシアム設立総会参加のご報告

2019年5月30日

TCFD.jpg TCFDとは気候変動関連財務情報開示タスクフォース(The FSB Task Force on Climate-related Financial Disclosures )の略で、企業に対して気候変動の影響を開示するように求める組織です。世界中で740以上もの組織がサポーターとして賛同を表明しており、日本ではANAや三井物産、日立、資生堂などの企業が幅広く参加しています。

この度、チャレナジーも2019年4月にサポーターとして名乗りを上げ、風力インダストリーにおいて、世界で初めて登録されました!

5月27日には日本がTCFD賛同機関署名数で世界第1位になったことを記念し、TCFDコンソーシアム設立総会が開かれ、清水が出席しました。総会には世耕経産大臣、原田環境大臣が挨拶され、TCFDに署名した162の企業や金融機関などが参加しました。

TCFDにより気候変動が事業にもたらす「リスク」や「機会」の情報開示を企業が行うことで、チャレナジーの目指す環境と経済の好循環がもたらす持続可能な社会の実現に一歩でも近づけたいという想いから、今回のコンソーシアムへ参加することを決めました。

集合写真2.JPG