【プレスリリース】次世代(垂直軸型マグナス式)風力発電機の共同技術検討について

DSC_5283.jpg 2019年05月30日

日鉄エンジニアリング株式会社(代表取締役社長 藤原真一、東京都品川区(以下「日鉄エンジ」))と株式会社チャレナジー(代表取締役CEO 清水敦史、東京都墨田区(以下「チャレナジー」))は、チャレナジーが開発する次世代風力発電機「垂直軸型マグナス式風力発電機」(以下「マグナス風車」)に関する技術検討を共同で実施する旨の契約を締結いたしました。

チャレナジーが開発するマグナス風車は、従来のプロペラ式と異なりプロペラの代わりに円筒翼を用いることで、台風などの強風下でも風向・風速に左右されず安定的に発電できます。離島地域の安定的な電力供給を目的に、日本国内やフィリピンなど東南アジアの島嶼部へのマグナス風車の普及を狙いとしております。

今回の共同技術検討においては、マグナス風車開発をチャレナジーが担当し、設計・調達・施工などのエンジニアリングを日鉄エンジが担当することで、共同で商業化に向けたコストダウン等に取り組みます。

今回の契約締結により、チャレナジーの保有する風車開発の技術力と、日鉄エンジのエンジニアリング力の相乗効果を発揮させることが可能となり、マグナス風車の商業化に向けた技術開発を加速させるものと確信しております。


【お問い合わせ先】 株式会社チャレナジー(広報)  E-mail: contact@challenergy.com

【リリース】20190530 次世代(垂直軸型マグナス式)風力発電機の共同技術検討について.pdf