チャレナジー、10kw試験機の稼働を開始!

2018年08月08日

DSC_5334人あり-2.jpg

株式会社チャレナジー(本社:東京都墨田区、代表取締役:清水敦史、以下 「当社」という。)は、8月3日に沖縄県石垣市にある株式会社ユーグレナ(http://euglena.jp/)グループの敷地内にて台風のような環境下でも安定的に発電できる次世代風力発電機「垂直軸型マグナス風力発電機」の10kW試験機(以下、「本風力発電機」という。)の実証試験を開始いたしました。

当社は2016年より沖縄県南城市にて1kW試験機の実証試験を実施しており、台風環境下での発電実験に成功しています。
本風力発電機は、1kW試験機の10倍の出力を持ち、量産試作機の位置づけです。今後、本風力発電機の実証試験による実証データの取得と改良を実施し、2020年の量産化に向けた開発を加速させます。

実証試験の開始に合わせて約50名の関係者を集めた落成式も同時に開催し、石垣市の中山義隆市長をはじめとした自治体の関係者や本風力発電機の製造にご協力頂いた企業の関係者にもご出席頂きました。

尚、本風力発電機は主に実証試験を目的として稼働させておりますので、取材や見学等を受け入れておりません。


■垂直軸型マグナス風力発電機について
プロペラの代わりに、回転する円柱が風を受けたときに発生する「マグナス力」を用いて風車を回すことで発電する垂直軸型の風力発電機です。円柱の回転数を制御することで風車の暴走を抑えることができるため、平時のみならず、台風のような強風時でも安定して発電し続けることができます。

【お問い合わせ先】 株式会社チャレナジー(担当:水本)  E-mail: contact@challenergy.com

180808_プレスリリース_石垣島試験機稼働開始.pdf